『リノベーション・リフォームは たてもの『再生』工房 nakasen』 

内部工事に取り掛かり

白蟻防除剤塗り中
白蟻防除剤塗り中

骨組みに防水シート等をはり、外壁と軒先を仕上げていき、いよいyp内部の増築する部分を解体して、早速下地作成開始です!!

 

まずは床組です。

 

フローリング材の下地に必要な『根太(ネダ)』という材料を取り付けていきます。(写真)

 

その根太が白蟻にやられないように防蟻剤と呼ばれるシロアリ防腐剤を塗っていきます。

写真でオレンジになっている部分が塗った後です。

これも見えなくなるけれども大切な部分。

乾燥後断熱材を取り付けます。

左上の写真は内部の間仕切りの部分を解体している最中です。

この場所にはもともと壁とドアがあり、休憩室をさらに狭くしている要因にもなっていました。

これを思い切って撤去!!

 

柱の有った部分は屋根の荷重がかかっていない柱で、取っても問題無いようでしたので、すんなりと工事を進めることができました。

柱に荷重がかかっていれば、その部分の補強をする必要がありますが、残念ながら全くしない業者もいるようですので、この辺は気をつけたいところです(+o+)

 

さらにここからがポイント!

間仕切り壁をすべて取り外そうとすると、その天井の補修が必要になりますが、特に問題なければ天井からの壁を少し残すと、天井の補修が不要になります(大工手間、クロスなど)。

つまりその部分の工事費用が安くなるという事です。(天井をすっきりさせたい方は別として)

こういった所は工事費を安く抑える一つのポイントですね。

 

壁の断熱材と床の断熱材をきちんと取り付けて、クロス下地のボードもこれから貼っていきます。